他の物件との差は歴然!ここがいいマンスリー物件

料金がコミコミであること

マンスリーマンションと言うと、普通の賃貸よりは割高な代わりに、仲介手数料や火災保険など、諸費用が殆どかからない物件が多い印象です。しかし、実際には多額の清掃費がかかってしまったり、あれこれと備品をプラスしている内にかなりの費用がかかってしまったりと、落とし穴が多いもの。
そんな時は「コミコミ」という体系を取っているマンスリーマンションを探してみましょう。会社によって変わってはくるのですが、大抵は清掃費や仲介手数料や光熱費などが全て込みになっていますので、「結局、合計するといくらになるの…?」という面倒なことがありません。それにその他費用がかかりませんので、明朗会計なところが非常に安心出来ますね。

不動産の自社物件かどうか

マンスリーマンションを借りる、いくつもの方法があります。さまざまな会社が持っているマンションを仲介している業者だったり、自社物件ばかりを取り扱っている大家のような業者だったりとさまざまです。
そんな中で非常に良いのは、やはり自社物件を持っている会社で借りることです。季節によっては家賃交渉も出来ますし、仲介料がぐっと安くなったり、または無料になったりすることもあります。そして、全ての部屋がその会社のものですので、何かトラブルがあった場合にも、その会社への電話一本で何とか解決してくれます。逆に仲介業者ですと、部屋ごとに管理会社が異なっていたりして、トラブルの解決まで時間がかかってしまうことも多いのです。

マンスリーマンションを中央線で探している人も多いです。短期型で生活に必要なものがほとんど揃っていることから、実質的な負担も少ない魅力があります。

© Copyright Home Is Best. All Rights Reserved.